深呼吸ひとつして

ブログを始めたきっかけは病気、でも今はローバのひとり言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

病気忘備録

2009年6月、右胸に自分でしこりを見つけ、翌日、市内の総合病院外科へ
6/17CT、6/19エコー生検
7/2乳がんとの診断、2.6センチの浸潤ガン、ステージ2A
トリプルネガティブのため術前化学療法をすることになりました。
7月9日から3週毎にドセタキセル4回、
10月1日から同じくエピルビシン、フルオロウラシル、
シクロホスファミド4回
1.6センチまで縮小、後から聞いた話ですが、抗がん剤はよく効いて
乳管の中には残ったが、周りのがんの塊は消えたという
医師の説明がありました。

2010年1月12日温存手術、センチネルリンパ節生検で転移なし。
1月16日退院。
その後25回の放射線治療をうける。

翌2011年4月局所再発が認められ、CT、エコー、骨シンチ、
MRIで遠隔転移はないよう。
6/7全摘手術、6/15退院

同年10月またまた局所再発!
抗がん剤しないとまた出てくるからとの
主治医(乳腺外科医に変更してもらう)の説明で
検査をするもはっきりしたがん細胞が出ず、
切ってから検査という事になり、
11/22手術、11/25退院。


12/19検査結果出る。
紡錘細胞がんという耳慣れないものだった。
その後、年明けに、都内の病院でセカンドオピニオンを受けたので
その先生の返事の一部を載せます。

≪紡錘細胞がんは乳がんの中でもまれで、当院でも1,000人に
 1人から2人程度である。
 トリプルネガティブ乳がんの一部に紡錘細胞がんがあるといわれ、
 化学療法や放射線に効きにくい 性質がある。稀ということもあり
 どのような薬が効くのかは現状ではわからない。
 現在、推奨できる治療法はなく、
 乳がんに準じた治療をトライしているのが現状である。
 肉腫という性質を考えると、出てきたら手術で取りきるしかない。
 現状では経過観察されるのが良いかと考える。薬物療法に関しては、
 当院でも、特定の薬が効いたという印象は今のところない…≫

という事で、経過観察のみになりました。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

今日からよろしく

はじめまして。風信子(ヒヤシンス)です
病気になって2年、色々なかたのブログを拝見し、参考にしたり、励まされたり…
ブログって自分には敷居が高いかな?なんて思っていました。。
不特定多数の方に自分をさらけだす“はずかしさ”もあって…

でも、夫も亡くなり、家族や友人にはなかなか言いにくい事ってあります。
病気の事は特に。。
忘れてしまわないうちに(?)書いておこうと思います。

アロマライト ましかく君


これは私の癒しグッズ“アロマライト リラックスくん”です。
背中のくぼみにアロマオイルを入れます。
お気に入りはベルガモットやラベンダーかな…

 | HOME | 

カウントくん

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

「風信子」

Author:「風信子」
風信子(ヒヤシンス)です
2009年乳がんになり、3度の再発も。術後検査で特殊型の紡錘細胞がんとの診断。神経難病で闘病中の夫も他界しました。
病気以外の日々の暮らしも綴っていきます。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

はじめまして (2)
乳がん経過 (32)
乳がん関連 (21)
健康関連 (24)
介護な日々 (15)
日々… (121)
街歩き (22)
旅行 (23)
夫 (1)
父母 (10)
思い出 (8)
その他 (19)
楽しみ (7)

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

メールフォーム

こちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。